「木と一緒に暮らす。」をコンセプトに、
個性豊かな木の持ち味を最大限に活かせるよう考えながら商品製作をしている「woodpecker」。

しっとりと柔らかい感触の木もあれば、重厚感のある堅い木もある。

そんな木の個性を大切にしながら、どのような使われ方をする製品がよいか、
どのように加工したらよいのかを丁寧に吟味し、作り上げていきます。

だからこそwoodpeckerの製品には、
木が自然に息をしているようなあたたかい温もりが宿り、
暮らしの中にやさしい風を吹き込んでくれるのです。

woodpeckerの職人である福井氏は、木工業の盛んな岐阜の地で
祖父の代から続く木地師の家に生まれました。
幼いころから木に囲まれて育つ中で、自らも木工を学び、家具メーカーの父のもとで修行。

そしてある日、奥様のために作った「いちょうの木のまな板」をきっかけに、
woodpeckerをスタートさせたそうです。

 

どの商品にもあたたかみ溢れる優しいフォルムは、手作りならではというだけでなく、
そんな福井さんの心の温かさが詰まっているからこそなのかもしれませんね。

◆お買い求めはコチラから
岐阜県/woodpecker