大川33.jpg

 

神奈川県小田原市にある、大川木工所にて「ろくろ挽き」の体験をさせていただきました!

こちらの工房では、大まかな形に粗挽きをする機械と仕上げをする機械と2種類あり、まず「粗挽き」の行程を体験させていただきます。

「粗挽き」とは、簡単に説明すると一枚の木の板から大まかにお椀やお盆の形にすることです。

「レバーを左から右へ移動させることで、回転する器物が左から右へと動くので、それに合わせて刃物をあててくりぬいていきます。」と、まずはご説明いただき見せていただきます。

そして実際に機械に触らせていただくことになりましたが、自分では頭で理解できても、手がついていかず、職人さんにほとんどお手添えをいただきながら、自分の力では何も出来ないような形で終わってしまいました。

その間に、回転する器物に当てた刃物から木屑が激しく飛び散るのですが、職人さんは全く動じることなく作業が続きます。

大川1.JPG

 

 次に仕上げのろくろ挽きの行程。

さっきはレバーを左へと機械を動かす難しさがありましたが、今回は道具を瞬時に取り替えなくてはいけません。また、こちらもあっと言う間に完成してしまいました。

まるで機械のプレス加工で作ったような、狂いのない器物が目の前で続々と仕上がる職人技を目の当たりにして、図面もなく、器物に線を引くこともなく、素早く、きれいに、全て揃っていることには本当に感動でした。

この行程を見学、体験した後には、小さな丸い木の板から、どのように1つのお椀に刳り貫いていくのか、この感動と発見を誰かに伝えたくなるはずです!
大川体験2.JPG

大川木工所 
神奈川県小田原市南板橋2-226-2