1 (2).JPG
 
今日は、大正3年創業、新宿西早稲田にある富田染工芸へ行ってきました。
東京の伝統工芸品、江戸小紋と江戸更紗。神田川の清流を求めて新宿に染色業が根をおろし、およそ90年。富田染工芸は新都心新宿の数少ない地場産業として、伝統の技を継承しています。
  
_2.JPG 
皆様は、ふだんお着物をお召になる機会はありますか?
年末年始も近づき、初詣などで着物の装いを楽しまれる方もいらっしゃるかと思いますが、東京染小紋の歴史は室町時代にさかのぼります。
 
本格的に広まりはじめたのは江戸時代に入ってから。型紙に彫られた型によって、小紋特有の染模様がつくり出されています。
小紋柄のはじまりは、なんと大名たちの裃(かみしも)。華美にすることが許されず、それでもどうにか目立たずおしゃれをするために小紋染が用いられたそうです。
 
小紋模様には、すべて型があり、白い生地の上に型紙を置いてへらでのりを手作業で塗り、型づけをしていきます。のりが乾いたら最初に敷いた板から布を剥がし、染料の入ったのりを上から塗っていきます。
小紋ならではの細やかな美しさは、すべてこのひとつひとつの作業によって生み出されます。型紙の素材は「渋紙」(柿渋に浸した紙)。
 
1.JPG
これは布を染めるための型紙で、三重県の職人によるもの。ひとつひとつ切れないように彫って作られています。最近は良い型紙を彫れる職人が減ってきているようで、本当に貴重であり高価なものだそうです。
 
 
76975528_o1.jpg
76975528_o2.jpg
6.JPG
 
独特のモダンさと、奥ゆかしい繊細な美しさが表現された小紋。
最近は江戸小紋でないもの(手染めされていない印刷などによって大量生産されたもの)も、出回って江戸小紋とうたわれてしまうものもあるようですが見分け方は一目瞭然、”裏地が染まっていない白地のもの”です。
 
5.JPGのサムネール画像のサムネール画像
__ 2.JPG
さらに、手染めによる江戸小紋は、ムラができるため、そのムラがあるからこそ柄が遠近感のある絵柄になるそうです。
あたたかみを持つ、味がある仕上がりが、大きな違い。本物を知る経験はその先にも豊かで粋な世界があることを強く感じました。江戸小紋、本当に素敵でした!