NEWS

カテゴリー別アーカイブ: event

  • 2018年11月06日

    【11月2日~11月29日限定】角館伝四郎 POP UP SHOPを開催します




    ショールームよりPOP UP SHOPのご案内です。
    リアルジャパンプロジェクトのショールームにて、11月2日から11月29日の期間中、角館伝四郎のPOP UP SHOPを開催しております。

    角館伝四郎は秋田県角館市にて1851年、江戸時代嘉永4年の創業以来六代にわたって高品質な樺細工を作り続けている藤木伝四郎商店のブランドです。
    樺細工の歴史は200年ほど前に遡り、武士の副業として発展し現代へ伝えられてきました。

    樺細工の茶筒は「型もの」と呼ばれる樺細工特有の技法により、優れた密閉性を発揮します。
    お茶はもちろんのこと、お煎餅や海苔を入れても湿気ることなく保管できます。

    代表的な茶筒の他にも、インテリア小物や、食卓で使える小物など幅広く展開しております。

    お近くにお立ち寄りの際はどうぞ、ショールームへお越しくださいませ。

    ――――――――――――――――――――
    ■開催日時
    2018年11月2日(金)~11月29日(木)
    ※通常土日祝はクローズしておりますが、11/17(土)に限り10:00~17:00にオープン致します。

    通常営業時間:10:00~18:00 (土・日・祝除く)
    11/17(土):10:00~17:00

    ■開催場所
    〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-12-131F
    リアルジャパンプロジェクト ショールーム
    (代々木駅・千駄ヶ谷駅より徒歩7分、北参道駅より徒歩10分、新宿駅より徒歩12分)
    https://goo.gl/maps/KC7qGDybTx82

  • 2018年04月18日

    【4月23日~5月2日限定】露木木工所の寄木細工特別展示を開催します



    ショールームより特別展示のご案内です。
    リアルジャパンプロジェクトのオンラインストアでも大人気の寄木細工でおなじみの「露木木工所」の特別展示をショールームにて開催致します。

    オンラインストアで人気のマウスパッドや角盆はもちろんのこと、なかなか手に入らない商品まで50種類ほどの商品を幅広く展示致します。
    展示している商品はお買い求めも頂けます。

    展示を通じて、寄木細工の素材美の魅力を皆様にも感じて頂けますと幸いです。

    是非お近くにお越しの際はお立ち寄りくださいませ。

    ――――――――――――――――――――
    ■開催日時
    2018年4月23日(月)~5月2日(水)
    ※通常土日祝はクローズしておりますが、4/28(土)に限り10:00~17:00にオープン致します。

    通常営業時間:10:00~18:00 (土・日・祝除く)
    4/28(土):10:00~17:00

    ■開催場所
    〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-12-131F
    リアルジャパンプロジェクト ショールーム
    (代々木駅・千駄ヶ谷駅より徒歩7分、北参道駅より徒歩10分、新宿駅より徒歩12分)
    https://goo.gl/maps/KC7qGDybTx82

  • 2018年03月23日

    【4月21日(土)ワークショップ開催】露木木工所コースターづくり体験



    4月21日(土)14時から、リアルジャパンプロジェクトのショールームにて、露木木工所の4代目清高さんをお招きし、ワークショップを行います。
    寄木細工の歴史や魅力、露木さんのこだわりや思いをお伺いし、実演も披露して頂く予定となっております。
    また、参加者の皆様には実際に8種類の天然木と、それぞれ2種類の形から、お好きな色・形をお選び頂き、寄木細工のオリジナルコースターを作って頂きます。天然木の配色によってイメージが変わる寄木細工の面白さを体験頂けるイベントになっております。

    また、当日は、露木木工所の商品を展示・販売致します。
    露木清高さんの父清勝さんが製作した、モダンなデザインが現代の生活に合う「白小寄木」や、江戸時代に作られた寄木細工、そのほか露木さんが普段使用している道具など普段見ることができない品も展示しております。

    皆様からのお申込みお待ちしております。
    ――――――――――――――――――――
    ■開催日時
    2018年4月21日(土) 14:00~16:00
    ・受付開始 13:30
    ・会場閉館 17:00
    ※展示・販売につきましては、上記日程以外でも4月23日(月)から5月2日(水)まで行います。
    営業時間:10:00~18:00 (土・日・祝除く)

    ■開催場所
    〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-12-131F
    リアルジャパンプロジェクト ショールーム
    (代々木駅・千駄ヶ谷駅より徒歩7分、北参道駅より徒歩10分、新宿駅より徒歩12分)

    ■定員
    抽選10名 
    応募締切 4月6日(金)20時まで 
    ※当選者の方へは4月10日(火)にメールにてご連絡致します。

    ■参加費
    一人:1,600円(税抜)※1,728円(税込)
    (1名様分の料金にはコースター2個分材料費は含まれています。)

    ■お申込み方法
    お電話、メール、インターネットのイベント申込ページのいずれかにてお申込み可能です。
    応募締切 4月6日(金)20時まで
    リアルジャパンプロジェクト
    電話:03-6380-1575
    メール:event@realjapanproject.com
    イベント申込ページ:http://realjapanproject-01.peatix.com

  • 2018年03月12日

    3月18日(日)シンポジウム「Designing the Tradition 伝統工芸の未来」が開催されます



    慶應義塾大学大学院SDM研究科附属SDM研究所パブリックシステム・ラボより、シンポジウム「Designing the Tradition 伝統工芸の未来」が3月18日(日)に開催されます。

    「クールジャパン政策」が始まるなど、国内外で日本の文化の関心を高めようとする動きが近年大きくなっており、その中でも日本の歴史・地域・ものづくりを象徴している「伝統工芸」への注目度は高いです。
    今回のシンポジウムでは、こうした伝統工芸の刷新をテーマに、これからの日本の消費者にとって、また社会にとって、魅力的なモノ作りとは何かを考えるものとなっております。

    当日はリアルジャパンプロジェクトの代表河内も登壇致します。
    日本の伝統工芸の未来について真剣に考える4人のスピーカーの講演と、パネルディスカッション、ワークショップにて構成されております。

    参加費は無料でどなたでもお申込みできます。伝統工芸の未来へ関心のある皆様のご来場心よりお待ちしております。

    ポスター表示 >>>

    開催概要―――――――――――――――――――
    ■主催:慶應義塾大学大学院SDM研究科「パブリックシステム・ラボ」
    ■日時:2018 年3 月18 日(日)12:45 開場 13:25 開始 16:45 終了
    ■会場:慶應義塾大学日吉キャンパス 協生館3階 C3S10教室
    ■参加:無料・要事前参加予約(http://www.sdm.keio.ac.jp/2018/02/27-160841.html

    当日タイムテーブル――――――――――――――
    12時45分 開場 
    13時25分 主催者挨拶
    13時30分 講演1
     株式会社「細尾」常務取締役Mbr>細尾真孝氏
    MIT特別研究員
    細尾真孝氏

    13時45分 講演2
    株式会社「リアルジャパンプロジェクト」
    代表取締役 河内宏仁

    14時00分 講演3
    経済産業省製造産業局
    伝統的工芸品産業室 田村富昭氏

    14時15分 講演4
    慶應義塾大学大学院SDM研究科 白坂成功教授

    14時30分 パネルディスカッション 
    モデレータ
    慶應義塾大学大学院SDM研究科 谷口尚子准教授
    15時15分 ブレイク(47都道府県の銘菓でお茶会) 
    15時45分 ワークショップ:「新しい伝統工芸品のアイデア」
    16時45分 終了

  • 2018年02月22日

    2/25(日)まで銀座蔦屋書店にてKOMODARU-LINKが展開しております

    GINZA SIX 6F 銀座蔦屋書店にて2/22(木)~2/25(日)までKOMODARU-LINKが出店しております。

    店頭ではミニ鏡開きセットの試し打ちもして頂けます。本に囲まれた素敵な空間で皆様をお待ちしております。
    IMG_2364

    IMG_2349

    ————-
    ■場所:銀座蔦屋書店 イベントスペース
    ■住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F
    ■期間:2/22(木)~2/25(日)
    ■営業時間:9:00~23:30
    ■電話:03-3575ー7755

  • 2018年02月19日

    ショールームにて富士吉田ブランド認定Exhibition開催しております




    この度リアルジャパンプロジェクトは、富士吉田認定ブランドの立ち上げプロジェクトに携わらせて頂きました。

    富士吉田ならではの魅力を知ってもらう為、地域の伝統や文化を見つめ直し、新たに発信していくプロジェクトとして「富士吉田ブランド」を多くの人に届けて行きたいと思います。

    それにあたり一足早く、レセプションとして認定商品を弊社ショールームにて展示会を行う事となりました。
    DSC05367

    DSC05396

    ――――――――――――――――――――
    ■富士吉田認定ブランドメインコンセプト

    「つなぐ。富士吉田」
    長い年月を積み重ね、日本を象徴とするシンボルとなった富士山。
    その日本一の資産は、地域のみならず世界中の人々を魅了し、想いや人をつなげてきました。
    富士のふもとのマチ、富士吉田は、富士山と共に歴史を歩んできた地域として伝統や文化を背景に生み出された魅力を多くの人へ、そして、未来へとつなげていきます。

    【 富士吉田認定ブランドExhibition 】
    会期:2018年2月19日(月)―2108年2月23日(金)
    時間:10:00-18:00
    場所:リアルジャパンプロジェクトショールーム
    〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-12-13 1F
    https://goo.gl/maps/b1Fmu1UB98t
    ――――――――――――――――――――

    商談で展示スペースを使用している場合もございますのでお越し頂ける際には、事前にお電話にてご連絡頂けると幸いです。

    リアルジャパンプロジェクト
    TEL:03-6380-1575(ショールーム)

  • 2017年11月15日

    11月11日(土)文五郎窯 奥田章氏 トークイベントを開催しました!!

     
     
     
    2017年11月11日(土) リアルジャパンプロジェクトショールームにて、
    信楽焼の窯元「文五郎窯」で作陶する奥田章様をお招きし、トークイベントを行いました!
    奥田さんの器づくりを始めるまでの経緯や、ものづくりに対しての想いをたっぷりお伺いすることができました。
     
    文五郎窯についてはこちら≫

    IMG_5517
     
    窯が開かれたのは1862年、初代奥田文五郎によって登り窯が開かれたのがはじまりでした。
    「文五郎窯」のブランド名の由来は、その奥田文五郎からきているとのこと。現在、奥田章さんは5代目として活躍されています。

    IMG_5555
     

    奥田さんは、お兄さんの仕事の手伝いからはじめ、徐々に自分の仕事が増えるにつれ、
    自分らしい作品はなにかと考え始めました。そして、その時に生まれたのがリバーシブル皿だと話します。

    今でも、丸い形のものから角盛皿など多くのバリエーションを製作しています。

    IMG_5570
     
    今回、人気の定番商品に加えて新作の蓮華シリーズや耐熱皿も披露!
    耐熱シリーズは、じゃんけん大会の賞品として3名のお客様へプレゼント。

    IMG_56031 
    奥田さんは2018年2月4日から開催される、テーブルウェア フェスティバルへも出展予定となっております。
    ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか?
     テーブルウェア フェスティバル2018≫
     

    そして11月11日(土)より期間限定でリアルジャパンプロジェクトショールームでは、
    奥田さんの作品を展示・販売しております。
    約300商品と幅広くご覧いただけますので、ぜひお越しください。

     
    文五郎窯 奥田章 信楽焼の器展 ≫
    日程:2017年11月11日(土)~11月18日(土)
    時間:10:00 – 18:00
    場所:リアルジャパンプロジェクトショールーム
    〒151-0051
    東京都渋谷区千駄ヶ谷5-12-13アドス御苑マンション 1階
    MAP ≫
    (JR代々木駅・JR千駄ヶ谷駅より徒歩7分 北参道駅より徒歩10分)

  • 2017年08月09日

    代官山T-SITEにて「リアルジャパンプロジェクトPOPUP SHOPを出店いたしました」

    代官山T-SITEで行われた夏祭りイベントにて
    8月4日(金)~8月5日(土)の二日間限定「リアルジャパンプロジェクトPOPUP SHOP」を出店しました。

    DSC02962

    リアルジャパンプロジェクトのセレクトした「岡山県のいぐさ」、「蚊やり器」、「器やグラス」など
    夏におススメの商品を販売し、多くの方にお越しいただきました。

    DSC02963

    DSC02968

    今回の出店では、多くの方々に日本の「ものづくり」を知っていただくことができたかと思います。
    当日販売していた商品は、公式オンラインストアでも扱っておりますので
    ぜひ、ご覧ください。

    REALJAPANPROJECT 公式オンラインストア
     REALJAPAN STORE≫ 

  • 2017年07月27日

    第3回季節のイベント 夏に負けない食材山椒の石臼挽き体験を開催いたしました

    リアルジャパンプロジェクトショールームでは、
    7月22日(土)に、一日限定!夏に負けない食材”山椒”の石臼挽き体験イベントを開催いたしました。

    IMG_3787

    土用の丑の日を目前に、多くのお客様にお申込みいただき満席でした。
    当日は、紀州葡萄山椒を扱う「山本勝之助商店」代表の土田高史さんをお招きし、
    土田さんより夏にピッタリなレシピの紹介や、紀州葡萄山椒の特徴についてお話しいただきました。

    ご参加いただいた方々には、ご自身で山椒を石臼で挽いていただき、伝統的な山椒挽きを味わっていただきました。
    石臼で挽くことが初めてのお客様が多く、体験を通して紀州葡萄山椒の香りの良さや挽く工程についてお伝えすることができたのではないかと思います。

    IMG_3789

    山椒は日本の料理の名脇役ですが、
    皆さんは、山椒をどのように食べていますか?

    紀州葡萄山椒は、柑橘系の香りが特徴で、昆布やかつおだしとの相性抜群です。
    また、和食だけでなくフランス料理などでも活躍しています。デザートにも合い、バニラアイスにかけてもおいしいですよ。
    土田さんのおススメは、山椒とゴマをベースにだし醤油やオリーブオイルを和えて作る簡単ソースです。
    山椒をひと手間で加えるだけで、料理の幅が広がります。

    IMG_3806

    実は、山椒は胃腸の調子を整えてくれる作用があり夏バテ防止にピッタリの食材なのです。
    ぜひ皆さんに、この夏は山椒を召し上がっていただきたく思います。

    今年の夏は、山本勝之助商店の紀州葡萄山椒で乗り切りましょう!
    紀州山椒山門店≫ 

    今後もショールームでは、作り手と使い手が直接交流できるイベントを開催いたします。
    ぜひ多くの方にお越しいただき、日本のものづくりの魅力と可能性を感じていただけると幸いです。

    「リアルジャパンプロジェクトショールーム」
    〒151-0051
    東京都渋谷区千駄ヶ谷5-12-13
    TEL 03 6380 1575

  • 2017年06月02日

    第2回イベント 前原光栄商店 いい傘の扱い方、長く使う秘訣をお話しいただきました!

    リアルジャパンプロジェクト ショールームでは5月27日(土)より、職人の手仕事によるたしかな品質で皇室御用達の傘も手掛ける傘メーカー「前原光榮商店」の傘を展示しています。


    展示初日の5月27日(土)には、ショールームイベントとして前原光榮商店の代表である前原慎史様にお越しいただきました。日差しが強くなり、日傘をさしている方が多くなりましたがこれから迎える梅雨の時期にも役立つ、傘を長く使う秘訣や選び方など私たちの知らなかったさまざまな情報をレクチャーいただきました。


    前原光榮商店では、ひと工程ずつ専門の職人さんが作っているため、傘のデザインから製造、アフターケアまでも行うことができるそうです。8本骨で作られている傘が主流ですが、前原光榮商店の16本骨の傘は美しい円の形状が特徴で、所作をきれいに見せてくれると人気です。スマートでかさばらない16本骨の傘を作ることは難しく、骨をまとめる「ろくろ」の部分が太くなりがちですが、硬度の高い素材を使って部品を小さくし、細身のろくろを実現しました。


    IMG_3187


    イベントの前日、約50年近く前のものを持ってきた方がいらしたそうですが、修理できます!と前原さん。
    修理は手間がかかるが、ほとんどの商品をなおすことができるそうです。
    職人の手仕事だからこそ修理が可能で、それも200個近くあるパーツをすべて製造時と逆再生のように解体してから行っているという。モデルチェンジが少ないため、パーツが残されているのも理由です。


    傘を壊してしまう原因の一つが、傘の開き方にあります。
    みなさんは、傘を開く際に骨がねじれてうまく開けないという経験はありませんか?
    骨がねじれた状態で開いてしまうと傘の負担になってしまいます。傘を開く前は左右に振ってから使うことを心がけると傘が長持ちします。


    傘を開く際に、傘のはじきに指を挟んでしまったりなども、正しい開き方をマスターすればそのようなことがなくなりますよ!


    IMG_3207
    左手の親指と人差し指でつまみ、中指で押して閉じると挟みません。
    ※写真でつまんでいる部分を「ろくろ」といいます。



    折り畳み傘についてもお伺いしました!
    IMG_3203

    折り畳み傘も、故障の原因にたたむ順序や持ち方など些細な私たちの扱い方が影響します。正しいたたみ方をお客様にも体験いただきました。なかなか普段の癖が取れず、慣れるまで繰り返すことが大事であると前原さん。


    IMG_3196_1


    今回のイベントでは、直接前原さんと自分に合った傘についてお話されている方や参加者様同士でのコミュニケーションを取る姿が見られました。今後ショールームのスペースを拡大し、このように作り手と使い手が直接交流できるイベントを開催していきます。
    ぜひ多くの方にお越しいただき、日本のものづくりの魅力と可能性を感じていただけると幸いです。


    【前原光榮商店 季節の展示】
    会期:5月29日(月)~6月9日(金) 10:00~19:00 *土・日・祝休み
    場所:リアルジャパンプロジェクト ショール―ム
    〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-12-13 アドス御苑マンション1F 地図≫ 


    前原光榮商店は東京都台東区にショールームをオープンしておりますので、
    オーダーメイドの傘や修理などがございましたら足を運んでみてはいかがでしょうか。
    前原光榮商店≫ 

1 / 812345...

monthly archive