職人インタビュー vol.1
武田正利(工房織座)
 
Text&Edit_Shuhei Sato
 
「時代に取り残された織機を使って
見たことのないアイテムを作りたい」
 
ITOなどのストールブランドを展開する工房織座。大正時代に作られた、旧式の織機を使い、独特のプロダクトを展開している。拠点としているのは、愛媛県の今治市。この土地で育った代表の武田さんは、自社のプロダクトを通して、この街を広めていきたいと語る。
 

「今治は、皆様もご存じの通り、タオルの名産地として有名な街です。私も工房織座を始める前は、地元のタオル工場で工場長を務めておりました。明治よりタオルの生産を始め、水を中心とした豊富な自然を背景に、今や世界でも有数の生産地へ成長したのです。今治タオルの特徴は、柔らかさと吸水性にあります。しかしこの2つの要素は、反比例するのです。

その理由は、綿に含まれた油分。これが多いと吸水性が悪くなりますし、少なすぎるとパサパサとして手触りが固くなる。織りや原料などを試行錯誤して、柔らかさと吸水性を両立させたタオルが作られているんです。

前職の際に今治タオルの歴史を説明する資料館を作ることになりました。タオルはパイル地なのですが、明治時代に日本で初めて作った時は、よこ糸と一緒に細い竹篠を打ち込み、織り上がった後に抜くことでループ状にしたそうです。そのような旧い織機と接するうちに、どんどんと興味が湧いてきたんですよ」

shokki2.jpg

 

ガラクタになった昭和初期の織機を見つけたのが、工房織座の原点 ー

工房織座の最大の特徴が、旧式の織機を用いて、オリジナルの生地を織り上げていること。前職で歴史的な織機『ヒゴ織り織機』、『2丁筬バッタン織機』、『足踏み式タオル織機』などを、独学で復元し、その構造を学んだ。そして徳島で旧式のシャトル織機(着尺一列機)を見つけたことが、工房織座のものづくりの原点となる。

「タオル工場へ勤務している時に、タオル織機で作ったマフラーが大ヒットしたんです。自分で独立して、そういうものを作りたいなと思ったのですが、個人が同じものを作ったところで、太刀打ちできないのが目に見えていました。誰の真似もしないで、自分しか作れないものをやっていこうと思った結果、旧式の織機を使ったストールに行き着きました。藍染めで有名な徳島県にガラクタになった大正時代の織機を見つけたのが、工房織座の原点。そこで4台持ち帰り、互いのパーツで故障箇所を補い、2台の完動品を作りました」

前職で得た知識を活用して、武田さん自身で修理した2台の織機。そこから更に何度も改良することで、オリジナルの織機を作り上げた。

ITO_all.jpg

 

誰も見たことがないものを作っていきたい ー

「奈良でお目にかかった職人さんが、今はほとんど見ることのない”よろけ織り”を実践されていました。本来は縦の一方向で織るのが主流ですが、これを縦横ともに織ったら、おもしろいなと。そこで開発したのが、うちの代名詞にもなっている”たてよこよろけもじり織り”のストールだったんです。これを実現するために、何度も試行錯誤を重ねて、ようやく特殊な筬と制御装置を開発することに成功。世界で初めてたてよこよろけ織りともじり織りの複合織物が完成しました。

私は、ものづくりにおいて、常に新しいことに挑戦したいと思っております。旧式の織機を使った昔のものを復元するのではなく、誰も見たことがないものを作っていきたい。それが私のモチベーションなんです」

昔の織機を使って、当時のものを復刻しただけでも称賛に値することだが、武田さんはその先を見据えている。旧き良き時代の技法を駆使しながらも、誰も作ったことがない新しいプロダクトを生み出す。この情熱があるからこそ、工房織座のプロダクションは、多方面から指示されているのだろう。今後も我々が驚くような良質で斬新なプロダクトを期待したい。

 
 
職人:武田正利/Masatoshi Takeda
 

工房織座 代表。

40年近く今治市内のタオル会社に勤務、工場長としてタオルの製造に携わる。

海外製品に押される現状を目の当たりにし、従来品からの脱却をはかるため「コットンマフラー」の開発・製造を中心メンバーとして推進し、成功を収める。

「コットンマフラー」の開発に並行し、明治から昭和にかけての手機織機や、足踏みバッタン織機などの研究や復元なども行い、旧式織機には、高速革新織機ではできない技術の可能性があることを確信し、その後、タオル会社を退職し平成17年に「工房織座」を設立。

2009年には、ものづくり日本大賞にて経済産業大臣賞を受賞。現在は旧式織機にて独自技術を開発し、オリジナル商品の生産・販売を行う。

 
 
工房織座 (ファクトリーショップあり
 
〒794-0117  愛媛県今治市玉川町鬼原甲55
営業時間:AM9:30〜PM4:00(不定休/平日は営業しています)
 

工房織座公式ホームページ http://oriza.jp/