リアルジャパンプロジェクトのショールームでは、芸術の秋にちなんで城崎の伝統工芸品「麦わら細工」の体験ワークショップを開催します。
当日は麦わら細工職人「かみや民芸店」2代目の神谷勝氏をお招きし、参加者の皆様が直接職人から手ほどきを受けながら麦わら細工を体験頂きます。

■体験内容
短冊状にカットした麦わらを敷き詰めていく細工を6cm×6cmの桐箱の蓋部分に施していきます。施す柄は1柄、3色から選んでいただけるようご用意致します。製作終了後は、一度工房のかみや民芸店へ送り、最後の仕上げを職人の神谷さんに仕上げていただきます。そうする事で、麦わらが剥がれにくく長い間お使い頂きやすくなります。
※当日の材料は人数分ご用意致しますが限りがございます。 色は、譲り合いながらお選び頂きますようご協力お願い致します。

■麦わら細工とは \ 兵庫県の伝統的工芸品  /
麦わら細工は兵庫県の伝統的工芸品に認定され、豊岡市の城崎温泉の地にて作られています。大麦のわらを原料とした麦わら細工は使い込むほどに深い味わいを纏い、 絹のように滑らかな手触りと上品なつやが飽きのこない風合いを醸し出します。

麦わら細工には約300年の長い歴史と伝統があり、1700年代に城崎に湯治に来た因州(鳥取県)の半七という職人が、竹笛やコマなどに色麦わらを貼って宿の軒先で売り、宿料の足しにしたのが始まりと言われています。その後技術も長足の進歩を見て箱物や絵馬に細工したものもでき、明治に入ってから高名な画家が来遊して下絵を描き、図案を与えて試作させた結果、芸術の香気高い作品が生まれ、他に類例のない工芸品として好評を得ました。

■職人 
麦わら細工師 神谷 勝/かみや民芸店 2代目 

■職人プロフィール 
1941年城崎町生まれ。1959年麦わら細工の世界に入り、先代が1977年「かみや民芸店」を開店。1987年には、「城崎町指定無形文化財 城崎麦わら細工工芸技術保持者」に指定される。

■ワークショップ 開催詳細
・工房名 
かみや民芸店

・開催日時
2018年10月27日(土) 
① 13:00~  ②15:30~
② 申込締切日 10月9日(火)

・当日の流れ
①受付、参加費お支払
②神谷さんより麦わら細工についてのお話・質疑応答など
③実演
④ワークショップ 約1時間
⑤配送伝票ご記入

・所要時間  約1時間45分 (ワークショップ約1時間)
・対象年齢  中学1年生から
・参加費   4,500(税込)
・お支払方法 現地現金払い
・成果物   麦わら細工の小物入れ ※最後の仕上げを工房にて神谷さんが行いますので、完成後およそ14日後頃に随時発送予定です。
・料金に含まれるもの 麦わら細工の小物れ、材料費、送料、お水
・定員 各回抽選10名 ※当選の方へは10月15日(月)までにメールにてご連絡致します。
・持ち物 とくになし。動きやすい格好でお越しください。

・申し込み方法 
以下URLよりお申し込みください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfvq5sWRMnxSpeG40EhkBa462qktYcof19_TIAfu27CpofxsA/viewform?c=0&w=1

・開催場所 
リアルジャパンプロクト ショールーム
〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-12-13 1F  
https://goo.gl/maps/fBSZnMXbjyN2

ACCESS
代々木駅東口から徒歩7分、北参道駅1番出口・JR千駄ヶ谷駅より徒歩10分、新宿駅より徒歩12分
https://goo.gl/maps/fBSZnMXbjyN2
あいにく駐車場がありませんので公共交通機関でご来場ください。