400年の焼き物歴史を持つ“有田の地”で学んだ若手陶芸家集団「jikjiki」が、銀座三越にて展示を開催中。佐賀の有田焼、唐津焼、長崎の波佐見焼といった窯業産地がひきしめ合う九州地方、じつは磁器生産が盛んな地域なのはご存知でしょうか。九州拠点に活動する若手作家たちが伝統技術を学びながら、いまの時代のうつわ表現を模索し取り組んでいます。

jikjikiのネーミングにも繋がる磁器は、陶石と呼ばれる石粉と粘土を混ぜ合わせたもので、吸水性なく日常に取り入れやすい特性も魅力のひとつ。みずみずしい感性に溢れた個性ある磁器の世界をぜひこの機会にお楽しみください。

 

 

jikijiki 

作家  西 隆行 矢田久美子 佐藤もも子 鳥飼千晴 ヨシノヒトシ 宮﨑雄太

日時  2017年4月12()~4月25() 営業時間:午前1030~午後8時 

場所  銀座三越7階 リミックススタイル

         東京都中央区銀座4-6-16

交通  東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」 東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」(9番出口)より徒歩5分 都営浅草線・東京メトロ日比谷線「東銀座駅」銀座駅方面地下通路経由徒歩2分 JR「有楽町駅」(中央口・銀座口)より徒歩9

電話  銀座三越 03-3562-1111

催事についての詳細はこちら  http://urx.blue/CYE5