3月8日(土)・9日(日)に六本木・東京ミッドタウンにて東北と茨城のデザインとものづくりをテーマとした展示即売会「復興デザインマルシェ」が開催される。(公益財団法人日本デザイン振興会主催)

 
 
News_20140226_2.jpg
東北地方と茨城のものづくりを紹介し販売するイベント
「復興デザインマルシェ」
 
昨年、一昨年に続き、公益財団法人日本デザイン振興会は東北地方と茨城のものづくりを紹介し販売するイベントを開催。
北国に伝わるあたたかい手仕事や、豊かな暮らしのための新しいデザイン、地域ならではの特産品など、約30社の出店者が集まる。
作り手と直接話しながら買い物を楽しむことができるので、人と人がつながることが出来る出会いのマルシェとなる。
 
今回、特別企画として、秋田からニッポンを考えるフリーマガジン「のんびり」の編集長・藤本智士さんが東北を歩いて発見した”知る人ぞ知る”地元、ご当地銘菓の販売ブースを出店。
東北の地に根ざした”素朴でおいしい”デザインに出会うことが出来る。
 
 
News_20140226_3.jpg
 
東北の「食」「ものづくり」「くらし」ついて語るスペシャルトークイベント開催
 
3月9日(日)の13:30〜は「東北トラベル」をテーマにトークイベントを開催。
のんびり」の編集長・藤本智士さん、東北の良い品を扱う「カネイリミュージアムショップ」を展開する金入健雄さん、今回の復興マルシェのデザインディレクターをつとめる山形のデザイン事務所コロンの萩原尚季さんの、東北の魅力を全国に紹介し、人と人を結びつけている注目の”つなぎ手” 3人が、東北の「食」「ものづくり」「くらし」についてトークセッションを行う。
 
トークイベントは、3月9日(日)13:30〜15:00
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ内 リエゾンセンター
定員:90名(参加無料/要申込/定員になり次第〆切)
お申し込み・お問い合わせ先:
復興デザインマルシェ(http://www.jidp.or.jp/marche2014/)
 
 
News_20140226_4.jpg
左から
「のんびり」編集長
藤本智士(ふじもと さとし)氏
 
カネイリミュージアムショップ
金入健雄(かねいり たけお)氏
 
株式会社コロン
 萩原尚季(はぎわら たかき)氏
 
ものづくりやデザインだけにとどまらず、食やくらしもテーマとなっている本イベント。
目で見て楽しむだけでなく、五感をフルに使って東北を体感し作り手とつながる場にしたい。

 

「復興デザインマルシェ」

会期:3月8日(土)11:00〜19:00

 

3月9日(日)11:00〜17:00

会場:東京ミッドタウン・アトリウム(ガレリアB1F)

http://www.jidp.or.jp/marche2014/

青森県からは金入健雄さんが展開している「カネイリミュージアムショップ」、秋田県からは 曲げわっぱの技術を生かしてプロダクトを展開する「casane tsumugu」、岩手県からは岩手県工業技術センターによる「いわての食」ブース、茨城県からは「いばらきデザインセレクション」選定品など、青森・秋田・山形・岩手・宮城・福島・茨城からそれぞれメーカー、デザイナーなど約30社が集まる。

公益財団法人日本デザイン振興会

2011年6月1日より「復興支援デザインセンター」を立ち上げ、東北6県および茨城県のメーカーやデザイナーに対して、経済と産業の復興をデザインプロモーションによる支援活動に取組む。六本木・東京ミッドタウンでの「復興デザインマルシェ」は今年で3回目の開催となる。


http://realjapanproject.com/images/rjp_article/News_20140226.jpg