富山県高岡市。高岡では昔からさまざまな工芸品がつくられ、特に金属工芸がさかんな日本の誇れる“工芸のまち”として知られています。

そんな工芸のまち・高岡に工房をかまえる、シマタニ昇龍工房さん。
もともとは寺院用のりんを専門に製造していたシマタニ昇龍工房の代表作は、
まるで紙のように曲げのばしのできる錫の器、「すずがみ」です。

金属は種類のよって性質はさまざまですが、
「すずがみ」の原料である「純すず」の特徴は、とにかく柔らかいこと。
柔らかすぎるため、これまで薄い板状で使用されることは困難とされていました。

ですが、寺院用のりんを作るのに必要な技法「鍛金」、
その名の通り金属を鍛えることですずを丈夫にできるということに気が付いたそう。

何回も圧延(あつえん)とうい圧力で金属をのばす加工を繰り返し、熟練の職人が金槌で叩くことによって、
これまでに味わったことのない、なんとも新鮮な感覚を味わえる「すずがみ」が誕生しました。

もともと冷たい印象を受けがちな金属ですが、
熟練の職人の手によって、一枚一枚叩くことで生まれるぬくもりが、それぞれ少しずつ異なる表情を生み出し、食卓をあたたかくしてくれます。

◆お買い求めはコチラから
富山県/syouryu